面接で好印象を持ってもらえる目線とは

転職の面接の際に、採用担当者に良い印象を持ってもらうためには、目線がポイントの一つになります。

面接で好印象を持ってもらえる目線とは

面接で好印象を持ってもらえる目線とは 転職の面接の際に、採用担当者に良い印象を持ってもらうためには、目線がポイントの一つになります。目線の基本は相手の目を見ることです。よく面接対策のマニュアルの中に、目を見続けるのが恥ずかしい場合は、相手のネクタイの結び目や鼻の周辺に視線を持って行くのが良いと書かれていることがありますが、実際のところこれは良い印象を与えるという積極的な意味ではあまりよくありません。やはり、ベテラン採用担当者の中には、応募者のわずかな目線のずれを敏感に察知できる人は少なくないからです。そのため、できる限り目を見て話をするようにするのがおすすめです。

もちろん、無理しすぎて長時間目を見つめすぎると睨みつけてしまうと圧迫感を与えてしまうので、適度に視線を外すようにするやり取りをすることが好印象につながることになります。一方で、やってはいけないのが視線を落として話をすることです。これは相手に対して暗くて自信の無い印象を与えてしまいます。また、きょろきょろとあちこちに視線を移すことも落ち着きがない印象を与えてしまいます。そして、複数の面接官がいて、自分の正面ではない人から質問を受けたり、回答したりする際には目線だけではなく上半身も相手に向けるようにすることも大切です。

PR情報

Copyright (C)2019面接で好印象を持ってもらえる目線とは.All rights reserved.